根津美術館

いい時期に行きました。

 

備忘録として残したいと思います。

只今、光琳の「燕子花図」と其一「夏秋渓流図」が公開中なのです✨

 

img_irisesandmountainstream_S

併設されている日本庭園は、今が見頃の本物の燕子花畑が広がっています。

美術館の日本庭園にちょうどたくさんの燕子花が咲き誇る時期。

東京青山の一角にこんな素敵な美術館と庭園が一緒になってる所があるなんて✨

国宝級の屏風を拝見して若干テンションあがる最中、日本庭園の燕子花が満開という演出。

ちなみに小さな滝もあるので、こういう風景を眺めながら描いたのかなぁ。。

と、絵の中にタイムスリップした気分を満喫できました。

今回の展示は尾形光琳・国宝級の日本を代表する日本絵画家と、

「鈴木 其ー」いや〜本当に驚かされます。本物見るって大事ですね。

光琳の絵は其一と比べてしまうと若干単調で平面的。

分厚く塗った燕子花の群青がテキスタイルデザインのように並びます。

形はとれていても多少もたったりしていて先鋭を欠きます。

でも子供の頃から教科書やいろんな所で見ているので

本物が見れると細かく見てしまいがちですが、離れて見た時の存在感は別格です。

少しですが、今でいうマリメッコのような印象を受けました。
荘厳なのに、どこか可愛いらしい?

 

対して其一

コンセプト・レイアウトが緻密に計画・検討され、

トーン・パターンなどの幅があり、独自の自然のうねりが表現されている

見ればわかります。兎に角、圧巻なのです。

細かい所まで今にも動き出しそうな水の流れ・水の群青に流れを表現する金が効いて、

線だけで水の立体感やうねり、流れを表現。色の組み合わせセンスがまた凄い。

斑に紅葉している赤・青・金・緑の落葉の色使い。。。。

もう見惚れちゃいます。

 

本物の葉っぱが散っていくのが、止まってしまっているかのようです。

其れもいちばん美しい曲線で、鮮やかにくっきりした明瞭感で表現されています。

摑み取れそうだもんな。。

 

写実的なのにどこかファンタジック。立体感と奥行き。

グラフック要素がふんだんに、混沌とした世界観が詰め込まれている作品でした。

3741f42f-1

『夏秋渓流図屏風』

一枚の絵(屏風二枚)の中に二つの季節があります。右屏が夏・左屏が秋。

E988B4E69CA8E585B6E4B880EFBCBFE5A48FE7A78BE6B893E8B0B7E59BB3E5B18FE9A2A8EFBCBFE5B7A6E99ABB20(800x362)

こちらは左の屏風・秋側。葉の表現と川のうねりを見て欲しいのです!

8d75a1b6

凄まじい世界観。。。

 

水流に関して言えば群青色と金線弟子か表現していません。

このうねり。。屏風から溢れて浸食されそうダ。。。

今、ちょうど19世紀後半(1900〜)の近代ヨーロッパ美術の

フォーヴィズムや表現主義、プリミティヴィスムを勉強していたのですが

(35歳。今年の4月から社会人美大学生になりました。)

使っている色が、正にマティスや、カンディンスキー、アンドレ・ドランと重なるぁと。。

赤・青・緑・金(黄色)と強烈な色彩の力を感じるのです。

 

「異なる性質の色同士を対比的に組み合わせながら、その相乗効果によって色彩の力を出そうとした彼らの戦略的な色彩表現」を彷彿させました。

 

しかし、日本人の其一(1795〜1851)は、

(1795年) – 安政5年9月10日(1858年10月16日)

台東区 根岸生まれ。晩年まで住んでいて、 隣には師匠:酒井抱一も住んでいた。

其一の時代は幕末の(大塩の乱etc)時代の不穏な空気が漂っていました。

意図的ではないにしろ、時代の不穏な空気が

それまでの伝統的な表現に化学反応を起こしたのは間違いないようで、

実は其一は先に混沌とした、「色彩の力」を表現していたのかもしれない

という仮説が立てられ一層興味深くなりました。

今まであったものを壊したいという気負いが、同じような結果を残したのでしょうか?

久しぶりにワクワクしました。其一の絵に。この偶然性にも。

怖いというかグロいというかエグいというか

色と形で混沌とした表現をする中でもエレガントで知的な印象。

ソレが其一の狂気的=魅力的なところです。

 

美術館の洗練された雰囲気と合っていて素敵でした。

また、ゆっくりしたい時に行きたいです。

広告
根津美術館

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中