根津美術館

いい時期に行きました。

 

備忘録として残したいと思います。

只今、光琳の「燕子花図」と其一「夏秋渓流図」が公開中なのです✨

 

img_irisesandmountainstream_S

併設されている日本庭園は、今が見頃の本物の燕子花畑が広がっています。

美術館の日本庭園にちょうどたくさんの燕子花が咲き誇る時期。

東京青山の一角にこんな素敵な美術館と庭園が一緒になってる所があるなんて✨

国宝級の屏風を拝見して若干テンションあがる最中、日本庭園の燕子花が満開という演出。

ちなみに小さな滝もあるので、こういう風景を眺めながら描いたのかなぁ。。

と、絵の中にタイムスリップした気分を満喫できました。

今回の展示は尾形光琳・国宝級の日本を代表する日本絵画家と、

「鈴木 其ー」いや〜本当に驚かされます。本物見るって大事ですね。

光琳の絵は其一と比べてしまうと若干単調で平面的。

分厚く塗った燕子花の群青がテキスタイルデザインのように並びます。

形はとれていても多少もたったりしていて先鋭を欠きます。

でも子供の頃から教科書やいろんな所で見ているので

本物が見れると細かく見てしまいがちですが、離れて見た時の存在感は別格です。

少しですが、今でいうマリメッコのような印象を受けました。
荘厳なのに、どこか可愛いらしい?

 

対して其一

コンセプト・レイアウトが緻密に計画・検討され、

トーン・パターンなどの幅があり、独自の自然のうねりが表現されている

見ればわかります。兎に角、圧巻なのです。

細かい所まで今にも動き出しそうな水の流れ・水の群青に流れを表現する金が効いて、

線だけで水の立体感やうねり、流れを表現。色の組み合わせセンスがまた凄い。

斑に紅葉している赤・青・金・緑の落葉の色使い。。。。

もう見惚れちゃいます。

 

本物の葉っぱが散っていくのが、止まってしまっているかのようです。

其れもいちばん美しい曲線で、鮮やかにくっきりした明瞭感で表現されています。

摑み取れそうだもんな。。

 

写実的なのにどこかファンタジック。立体感と奥行き。

グラフック要素がふんだんに、混沌とした世界観が詰め込まれている作品でした。

3741f42f-1

『夏秋渓流図屏風』

一枚の絵(屏風二枚)の中に二つの季節があります。右屏が夏・左屏が秋。

E988B4E69CA8E585B6E4B880EFBCBFE5A48FE7A78BE6B893E8B0B7E59BB3E5B18FE9A2A8EFBCBFE5B7A6E99ABB20(800x362)

こちらは左の屏風・秋側。葉の表現と川のうねりを見て欲しいのです!

8d75a1b6

凄まじい世界観。。。

 

水流に関して言えば群青色と金線弟子か表現していません。

このうねり。。屏風から溢れて浸食されそうダ。。。

今、ちょうど19世紀後半(1900〜)の近代ヨーロッパ美術の

フォーヴィズムや表現主義、プリミティヴィスムを勉強していたのですが

(35歳。今年の4月から社会人美大学生になりました。)

使っている色が、正にマティスや、カンディンスキー、アンドレ・ドランと重なるぁと。。

赤・青・緑・金(黄色)と強烈な色彩の力を感じるのです。

 

「異なる性質の色同士を対比的に組み合わせながら、その相乗効果によって色彩の力を出そうとした彼らの戦略的な色彩表現」を彷彿させました。

 

しかし、日本人の其一(1795〜1851)は、

(1795年) – 安政5年9月10日(1858年10月16日)

台東区 根岸生まれ。晩年まで住んでいて、 隣には師匠:酒井抱一も住んでいた。

其一の時代は幕末の(大塩の乱etc)時代の不穏な空気が漂っていました。

意図的ではないにしろ、時代の不穏な空気が

それまでの伝統的な表現に化学反応を起こしたのは間違いないようで、

実は其一は先に混沌とした、「色彩の力」を表現していたのかもしれない

という仮説が立てられ一層興味深くなりました。

今まであったものを壊したいという気負いが、同じような結果を残したのでしょうか?

久しぶりにワクワクしました。其一の絵に。この偶然性にも。

怖いというかグロいというかエグいというか

色と形で混沌とした表現をする中でもエレガントで知的な印象。

ソレが其一の狂気的=魅力的なところです。

 

美術館の洗練された雰囲気と合っていて素敵でした。

また、ゆっくりしたい時に行きたいです。

根津美術館

TURNS 信州 2

 

 

幻想的な朝を迎えました。

2img_4048
朝起きたら。絵の中に・・・

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

シャロムヒュッテ

 

信州安曇野穂高にある自給自足のエコロジーな田舎暮らしをモットーにする

旬を食する 玄米自然食の手作りペンションとそのコミニュティーです。

この生活スタイルは、現在東京で生活している人間にとっては贅沢だなと、

この場所だからできる生活です。東京でこれをやろうと思ったら大変です。

個人個人が、何が自分にとって大事な事なのか考えついたスタイルなのだと理解します。

与えられてる物ではなく、自分で選んでココに居ると言う人が幸せに暮らしています。

ココのご飯は全て野菜です。全部おいしく体に優しく健康的モノばかりです。

自然からの恵みを美味しく食べる術を知っています。

こうゆう暮らしがある事は知ってはいたけど、経験するとやはり素晴らしい事なのだなと感じました。

 

富士見 森のオフィス

 

東京に週3で仕事しつつ、長野にも仕事・住居を構えるオーナーさんがやっている開放型オフィス。

色んな仕事の仕方があって面白いなぁと。週末だけココで仕事する人や、

仕事場所はどこでも仕事出来ちゃう業種の方が長野に来たくて(環境がいい)やって来たり、

勉強に集中したくて気分を変えてやって来たりと、様々な方がこちらに仕事してらっしゃいます。

勿論業種は様々らしいのですが、交流もあり旅に出ながら仕事する感覚ですかね?

素敵な場所です。移住を考えてる方や、フリーランスの方とかいいかも。

 

素敵な経験がいっぱい出来ました。

 

生き方・考え方は違えど、長野と言う場所で

人が希望する生活スタイルを多角的に知る事が出来て、面白かったです。

 

TURNS 信州 2

TURNS 信州 

20161112〜20161113

TURNSの企画でこれまた破格で、長野言った備忘録。

中々あげる時間取れなかったのですけど、

素敵な場所沢山行ったので載せて置こうと思います。

2img_4092-effects2

長野は紅葉ギリギリの時期でしたが、美味しい空気と美しい光景に癒されてまいりました。。

スライドショーには JavaScript が必要です。

今回、長野の自然保育「森のいえ”ぽっち”」に現場にお邪魔しました。

信州の豊かな自然環境と多様な地域資源を活用し、

屋外を中心とする様々な体験活動を取り入れている保育幼児教育で、

子供が本来持っている自ら学び成長する力が、

自然や地域の中での体験活動を通じて十分に育まれることを大切にしている保育です。

2img_3997
お兄ちゃんが先頭!

健康な身体が育ちます

自然の中で走り回ることで身体が鍛えられ、たくましく育ちます。

「年長のおにいさん、おねえさんと同じように木登りしたい!」

と憧れてちょっと背伸びをしつつ、楽しく努力することで身体能力が着実に向上します。

2img_3978
いっぱい食べるぞ!!✨
2img_3977
ちゃんと自分でいれれるよ〜♪

命や食の大切さを実感します

自然の中では、多くの命が生まれ、そして土に帰っていく場面に遭遇します。

自然保育では、農業体験や調理体験も積極的に取り入れています。

自分で育てた食物をみんなと協力しながら調理する体験はまさに「食育」。

人は食べたものでできていること。

またそれによって生かされている命の大切さを実体験し感じとっていきます。

2img_3983

たくさん頂戴!!

健康な身体が育ちます

自然の中で走り回ることで身体が鍛えられ、たくましく育ちます。

「年長のおにいさん、おねえさんと同じように木登りしたい!」

と憧れてちょっと背伸びをしつつ、楽しく努力することで身体能力が着実に向上します。

2img_3992
自分達で火を起こして作ったご飯を一緒に食べます!

コミュニケーションが豊かになります

自然の中では、さまざまな体験を通して友達と助け合い、

励ましあい、ぶつかり合いながら人間関係を学んでいきます。

自然保育は、子ども一人ひとりが自分らしくいられる環境を大切にしますから、

仲間にもやさしく接することがすることができます。

お互いを認め合いながら心地よくコミュニケーションできる力を、

遊びを通じて身につけていきます。

2img_3993

「何食べてるの?」「ん〜?」

自分を支える自己肯定感が育ちます

自然の中では、全ての子どもに主役になるチャンスがあります。

他の子どもと比べたり競争するのではなく、それぞれが自由にいろいろなことを試し、

考え教えあうことで、ありのままの自分や友達を受け入れることができるようになります。

多様な個性を持つ子ども達は育ち方も多様でいいのです。互いの違いを認めあうからこそ、

子どもは本来持っている自ら学び成長する力を十分に発揮することができます。

自己肯定感が高まれば、どんなことにもトライできる前向きな心が育まれます。

想像力のある、たくましい子が育つのでしょう。

自分自身子供がある身の上ではないので、

子供の生活環境を見て、感じる事がある何て思いませんでした。

でも、人が育つ環境や挑戦する場所、自信をつけて行く過程って

こんなにクリエイティブで面白い事なんだなと感じました。

人を育てるって責任重大で大変な事ですが、スゴく面白い事ですね。

育てる人の価値観、でこうも変わって見る事が出来るのかと感じました。

皆かわいかったなぁ〜(*˘︶˘*).。.:*♡

No.2に続く

TURNS 信州 

ミライカレッジ_北海道・なかそらちツアー

  

20161104〜20161106

 

北海道で新しい自分に出会う「ミライカレッジなかそらち ツアー第2回」

なるものに参加してきました。

 

ミライカレッジTURNS(地域や移住に関心のある人や暮らしと地域をつないでいく雑誌)が企画。さまざまな生き方の可能性を感じられるプログラムを提供してくれる地方の人々との交流や仕事の体験ツアーです。

「人と出会う、街と出会う、未来と出会う」ことをテーマにした地域活性化プロジェクト。

人気のある北海道から、中空知(なかそらち)と呼ばれる5市5町をピックアップしたツアーの第2回目。

 

★中空知地区とは
北海道の空知管内を北空知・中空知・南空知に三区分した地域の1つで「滝川市」「砂川市」「芦別市」「赤平市」「歌志内市」「奈井江町」「上砂川町」「浦臼町」「新十津川町」「雨竜町」 の5市5町から成ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

友達の誘いで、北海道 中空知に2泊3日行って参りました。

東京から飛行機(JAL)で、ホテル温泉ついて、朝食付。

お昼は松尾ジンギスカンやら、神内ファームの煮込みハンバーグ。夕食はホテルの宴会。

地域おこしの一環でお金が出ているようですが、安いです。

北海道2泊3日食事付きで15000円でバスツアーです。

いや〜ずっと食べてたなぁ。。(笑)

【豆電球】
廃校になった木造学校を改築して、骨董品や、ビンテージのお宝をリサイクルショップ

◆見学内容◆

雨竜_道の駅

滝川_松尾ジンギスカン本店_講演・ランチ

滝川_スカイミュージアム_グライダー見学

浦臼_鶴岡ワイナリー農場見学・試飲、

砂川_革製品で有名なsomes(ソメスサドル)本店やら、

スライドショーには JavaScript が必要です。

奈井江_コンチェルトホールからの、砂川_お菓子のHORIの本店見学・アイス試食 etc

中空知の環境、暮らし、仕事を現地で体験。中空知の企業や農場などを巡っての見学・仕事体験もあり、暮らしと仕事を、ご当地のワイン、ジンギスカンなど、グルメも楽しめるツアーでした。

人生二回目の北海道でしたが、大雪の影響を受け自然の偉大さを感じました。

 
 

外は雪!とにかく寒い!!!!

 

けど美しい自然の恵みいっぱいの場所でした✨

 
 

ミライカレッジ_北海道・なかそらちツアー

~おうちごはんでハロウィン~Happy Halloween

 

簡単お家ハロウィンパーティ―使用のレッスンしてきました ♪

 

今週は〜Happy Halloween Week〜✨🎃🎉

  

【料理レッスン_ビジュアル備忘録_VOL.09】

 

 

最近、色々作ていたのですが、記述がおっつかなくなってきたので(笑)

ハロウインまとめで備忘録しようと思いま〜す

 

【1】ミートボールとかぼちゃのトマト煮込み 

~ジャック・オ・ランタンパイ
img_3753

ジューシーなミートボールとアンチョビを加えてアレンジしたトマトソースを合わせてパイと一緒に頂きます。
パイは後のせで手軽にできるハロウィンパーティーメニュー。(*´¬`)・・・☆
 

【2】◉黒いソースのバーニャカウダ
【3】◉カラフル野菜のミニポップ~ハニーマスタード~
【4】◉パンプキンティラミス

img_3751

バーニャカウダのソースに黒ごまを使ってハロウィンらしい前菜に。
電子レンジで作れるバーニャカウダソースの作り方を教わりました。
おろしニンニク・アンチョビペースト・黒練りゴマ・片栗粉・塩・胡椒と材料が揃えばあとはチンしてオリーブオイルかけるだけ!となんとも手軽にできちゃいました。いやぁ〜簡単です。

ミニポップは、カラフルな野菜にほんのり甘い生地をつけてひと口サイズに揚げてい頂きます。ほんのり甘くてハニーマスタードと良く合います。(´ε` )~♪
フィンガーフードで食べやすくカワイイです。

デザートは、かぼちゃをペーストにしてクリームと合わせたティラミス風のデザート。

これもとっても簡単!
 
 
他の日には。。。

【5】【Quick ビーフシチュー&チーズパン】

【6】【Halloweenロールケーキ】

スライドショーには JavaScript が必要です。

パーティー予定なので色々予習しておきました。

 

今年は仮装もする予定(笑)

いつからこんな愉快なハロウィンコスプレイを許す国になったんだ。。

 

イベント事は楽しんだもん勝ちですね〜✨

 

(*´¬`)・・・☆

 
 
 

~おうちごはんでハロウィン~Happy Halloween

East End of London_Shoreditch

  

今回、楽しみにしていた一つ!

 

East End of LondonShoreditch

 

ショーディッチでは荒んだ壁もアートに生まれ変わります。

 

変身の時を待つ倉庫と薄汚い裏通りは無数にあり、
古い煉瓦の倉庫はインタラクティブな最先端のギャラリーに。昔は治安がイマイチな場所だったこともアートを刺激するのでしょう。

IT企業やデザイナーがオフィスを構えて、トレンディーなパブ、カフェが建ち、今ではおしゃれなロンドナーが集まるホットスポット。

イングランドのロンドンにおいてシティ・オブ・ロンドンの

中世期の防壁の東側とテムズ川の北側の地域を指します。

雑貨屋や、アーティストのショップや展示、セレクトショップも数多く展開されています。

昔は治安が良くなく、あまり人が集まるような場所ではなかったようですが、

近年では町並みの壁画のグラフィティーが盛んでレベルも高く、それ等を見学・撮影しに来る観光客もいる程になったようです。

この日私は、朝早くに出かけて行きましたが、
地元の朝市とも重なって中々活気に溢れていました。

屋台やケータリングのお店もおしゃれで美味しそう!!

 

でもカードは中々使えないところが多いいので、キャッシュは持って行ったほうがいいです。フリーマーケットでは値切ったりもできそうでうです。。

吉祥寺・原宿・表参道MIXみたいな感じかしらね??20代〜30代が多いかな?
カムデンタウンみたいにロックよりじゃなくて、アンダーカルチャー寄り。

 

ちょっと歩けばスゴイGraffitiに出会います。

スライドショーには JavaScript が必要です。

バンクシーも描いてるのがあるらしいのですが、私はちょっとわかりませんでした。

 

ロンドンの東側はNYブルックリンとに似た雰囲気で、アーティストが移住したり、ショップを展開したり、地下鉄構内にショップを期間限定で展開したりととっても実践・実験的。

スライドショーには JavaScript が必要です。

新進気鋭のLONDONの感度の高いショップや人気ショップも続々と出店するエリアです。

デザインやART、古着やアンティークなど自分なりのアレンジ・スタイルを楽しむ人達が集まってる印象で、個人的にはとっても面白かったです♪

 

中でも、南米や西アフリカ産のココアをふんだんに使用した

チョコレートショップに引き寄せられました。。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ここのディスプレイセンスがとってもカッコ良かった!!!!!!

狭いのですが世界観がちゃんと伝わって来る良いお店でした。

チョコレートも文句なく美味しいのです。

ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。んま〜

  

店員の黒人の子に『Nice Shop!!』と声をかけたら、

『Thank You〜!』と嬉しそうに答えてくれました。

それにしてもインテリアがカッコ良かったな〜

あぁいうセンスは流石です。✨

  

町並みがゴールデンアワーになると映画のワンシーンの様で、

どこを撮影してもサマになります。

スライドショーには JavaScript が必要です。


 

どんどん変化していく街の、エネルギッシュなパワーを感じました。

次訪れる時、きっとまた違う場所に進化するのでしょう!!

 
 
 
 
 

East End of London_Shoreditch

THE UNITED KINGDOM_No.2

 

9/17~26 THE UNITED KINGDOM

続き!

9/22(木)
ロンドン市内観光

 

【前半】

 

バッキンガム宮殿

 [MAP]  OPEN 9時15分~18時45分 ※騎兵隊は隔日

衛兵交代を見るつもりでしたが、思いの外バッキンガム宮殿の中に入れるチケットを予約して見学したら時間がかかってしまいました。宮殿の装飾もさすがに素晴らしいのですが、
今回特別展にて、とっても素敵なエリザベス女王のドレスや帽子が展示されていました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

観覧後、贅沢宮殿のGardenを眺めながら、ケーキとコーヒーを頂きました。

 この歴史ある風格。お国柄だわ。

お見事!

 

王室のイングリッシュガーデンの中でいただく昼食・お茶タイム〜♪
あぁ贅沢してるわ。。。。
バッキンガム宮殿。いつか中に入ってみたいとは思っていましたが、
期待以上の見応えがある場所でした。

 

 

ウェストミンスター寺院 

[MAP] 午前9時30分~午後3時30分

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

中で撮影は❌なので、写真は外観しかありませんが。。荘厳です。
イギリスの大事な式典はこちらで全世界に発信されます。
見学は、入る前に並ぶから注意しろといろんなガイドにあり覚悟してたのですが、あっさり入れました。ハイシーズンじゃないからかな?でも中には人がいっぱいでしたね。
歴史的にも貴重な素晴らしい建造物で、中にあるものも世界遺産級の装飾から石像や武器などが眠っています。物々しい雰囲気でしたが、何か守られている居心地の良さを感じました。天井もとっても高いのですが、見事な内装やお棺にこれは人間が作ったの???と驚くばかりです。ステンドグラスの見事さは言うまでもありません。迫力美しさ大きさ全てにおいて素晴らしいのです。

 

 

スカイガーデン

[MAP]12:15-13:15 or 15:00-16:00 (※事前予約しました)

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

予約していた、去年出来たばかりのスポットにも行ってみました。
教会から一気にビジネス街へ。。。

ロンドン中心地の高層ビルから、無料で景色を観ることができるとあって、世界中から観光客が押し寄せるスカイ・ガーデン。

「低すぎず、高すぎず」の絶妙加減で、テムズ川沿いの観光名所をベストな角度で一望できます。

東側を眺めれば、ロンドン塔やタワー・ブリッジ、西を眺めればロンドン・アイやビック・ベン、テート・モダンなどが並び、その光景は圧巻です。

一面ガラス張りの建物なので、日当たりがいいのです。スカイ”ガーデン”というだけあり
フロアには階段状のガーデンが。年中美しく見えるよう選りすぐられた植物が並び、ラベンダーやローズマリーなど香りあるハーブまで植えてある。ガーデニング好きは見とかないとね。(笑)
とにかく人数制限ちゃんとしてるので、ギュウギュウにもならず快適に見学できて、お酒も楽しめて最高です。気持ちよかった!!夜バージョンもレストランで来てみたいな〜。
でもずっとここに居られないので移動〜!
後半は行ってみたかった雑貨屋や、イーストエンドを散策します!

 

写真が沢山あるのでいったん区切ります。

 

⋆* ⁑⋆*(๑ˇ0ˇ๑)⋆* ⁑⋆*

 

THE UNITED KINGDOM_No.2