ミライカレッジ_北海道・なかそらちツアー

  

20161104〜20161106

 

北海道で新しい自分に出会う「ミライカレッジなかそらち ツアー第2回」

なるものに参加してきました。

 

ミライカレッジTURNS(地域や移住に関心のある人や暮らしと地域をつないでいく雑誌)が企画。さまざまな生き方の可能性を感じられるプログラムを提供してくれる地方の人々との交流や仕事の体験ツアーです。

「人と出会う、街と出会う、未来と出会う」ことをテーマにした地域活性化プロジェクト。

人気のある北海道から、中空知(なかそらち)と呼ばれる5市5町をピックアップしたツアーの第2回目。

 

★中空知地区とは
北海道の空知管内を北空知・中空知・南空知に三区分した地域の1つで「滝川市」「砂川市」「芦別市」「赤平市」「歌志内市」「奈井江町」「上砂川町」「浦臼町」「新十津川町」「雨竜町」 の5市5町から成ります。

スライドショーには JavaScript が必要です。

友達の誘いで、北海道 中空知に2泊3日行って参りました。

東京から飛行機(JAL)で、ホテル温泉ついて、朝食付。

お昼は松尾ジンギスカンやら、神内ファームの煮込みハンバーグ。夕食はホテルの宴会。

地域おこしの一環でお金が出ているようですが、安いです。

北海道2泊3日食事付きで15000円でバスツアーです。

いや〜ずっと食べてたなぁ。。(笑)

【豆電球】
廃校になった木造学校を改築して、骨董品や、ビンテージのお宝をリサイクルショップ

◆見学内容◆

雨竜_道の駅

滝川_松尾ジンギスカン本店_講演・ランチ

滝川_スカイミュージアム_グライダー見学

浦臼_鶴岡ワイナリー農場見学・試飲、

砂川_革製品で有名なsomes(ソメスサドル)本店やら、

スライドショーには JavaScript が必要です。

奈井江_コンチェルトホールからの、砂川_お菓子のHORIの本店見学・アイス試食 etc

中空知の環境、暮らし、仕事を現地で体験。中空知の企業や農場などを巡っての見学・仕事体験もあり、暮らしと仕事を、ご当地のワイン、ジンギスカンなど、グルメも楽しめるツアーでした。

人生二回目の北海道でしたが、大雪の影響を受け自然の偉大さを感じました。

 
 

外は雪!とにかく寒い!!!!

 

けど美しい自然の恵みいっぱいの場所でした✨

 
 

ミライカレッジ_北海道・なかそらちツアー

~おうちごはんでハロウィン~Happy Halloween

 

簡単お家ハロウィンパーティ―使用のレッスンしてきました ♪

 

今週は〜Happy Halloween Week〜✨🎃🎉

  

【料理レッスン_ビジュアル備忘録_VOL.09】

 

 

最近、色々作ていたのですが、記述がおっつかなくなってきたので(笑)

ハロウインまとめで備忘録しようと思いま〜す

 

【1】ミートボールとかぼちゃのトマト煮込み 

~ジャック・オ・ランタンパイ
img_3753

ジューシーなミートボールとアンチョビを加えてアレンジしたトマトソースを合わせてパイと一緒に頂きます。
パイは後のせで手軽にできるハロウィンパーティーメニュー。(*´¬`)・・・☆
 

【2】◉黒いソースのバーニャカウダ
【3】◉カラフル野菜のミニポップ~ハニーマスタード~
【4】◉パンプキンティラミス

img_3751

バーニャカウダのソースに黒ごまを使ってハロウィンらしい前菜に。
電子レンジで作れるバーニャカウダソースの作り方を教わりました。
おろしニンニク・アンチョビペースト・黒練りゴマ・片栗粉・塩・胡椒と材料が揃えばあとはチンしてオリーブオイルかけるだけ!となんとも手軽にできちゃいました。いやぁ〜簡単です。

ミニポップは、カラフルな野菜にほんのり甘い生地をつけてひと口サイズに揚げてい頂きます。ほんのり甘くてハニーマスタードと良く合います。(´ε` )~♪
フィンガーフードで食べやすくカワイイです。

デザートは、かぼちゃをペーストにしてクリームと合わせたティラミス風のデザート。

これもとっても簡単!
 
 
他の日には。。。

【5】【Quick ビーフシチュー&チーズパン】

【6】【Halloweenロールケーキ】

スライドショーには JavaScript が必要です。

パーティー予定なので色々予習しておきました。

 

今年は仮装もする予定(笑)

いつからこんな愉快なハロウィンコスプレイを許す国になったんだ。。

 

イベント事は楽しんだもん勝ちですね〜✨

 

(*´¬`)・・・☆

 
 
 

~おうちごはんでハロウィン~Happy Halloween

East End of London_Shoreditch

  

今回、楽しみにしていた一つ!

 

East End of LondonShoreditch

 

ショーディッチでは荒んだ壁もアートに生まれ変わります。

 

変身の時を待つ倉庫と薄汚い裏通りは無数にあり、
古い煉瓦の倉庫はインタラクティブな最先端のギャラリーに。昔は治安がイマイチな場所だったこともアートを刺激するのでしょう。

IT企業やデザイナーがオフィスを構えて、トレンディーなパブ、カフェが建ち、今ではおしゃれなロンドナーが集まるホットスポット。

イングランドのロンドンにおいてシティ・オブ・ロンドンの

中世期の防壁の東側とテムズ川の北側の地域を指します。

雑貨屋や、アーティストのショップや展示、セレクトショップも数多く展開されています。

昔は治安が良くなく、あまり人が集まるような場所ではなかったようですが、

近年では町並みの壁画のグラフィティーが盛んでレベルも高く、それ等を見学・撮影しに来る観光客もいる程になったようです。

この日私は、朝早くに出かけて行きましたが、
地元の朝市とも重なって中々活気に溢れていました。

屋台やケータリングのお店もおしゃれで美味しそう!!

 

でもカードは中々使えないところが多いいので、キャッシュは持って行ったほうがいいです。フリーマーケットでは値切ったりもできそうでうです。。

吉祥寺・原宿・表参道MIXみたいな感じかしらね??20代〜30代が多いかな?
カムデンタウンみたいにロックよりじゃなくて、アンダーカルチャー寄り。

 

ちょっと歩けばスゴイGraffitiに出会います。

スライドショーには JavaScript が必要です。

バンクシーも描いてるのがあるらしいのですが、私はちょっとわかりませんでした。

 

ロンドンの東側はNYブルックリンとに似た雰囲気で、アーティストが移住したり、ショップを展開したり、地下鉄構内にショップを期間限定で展開したりととっても実践・実験的。

スライドショーには JavaScript が必要です。

新進気鋭のLONDONの感度の高いショップや人気ショップも続々と出店するエリアです。

デザインやART、古着やアンティークなど自分なりのアレンジ・スタイルを楽しむ人達が集まってる印象で、個人的にはとっても面白かったです♪

 

中でも、南米や西アフリカ産のココアをふんだんに使用した

チョコレートショップに引き寄せられました。。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ここのディスプレイセンスがとってもカッコ良かった!!!!!!

狭いのですが世界観がちゃんと伝わって来る良いお店でした。

チョコレートも文句なく美味しいのです。

ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。んま〜

  

店員の黒人の子に『Nice Shop!!』と声をかけたら、

『Thank You〜!』と嬉しそうに答えてくれました。

それにしてもインテリアがカッコ良かったな〜

あぁいうセンスは流石です。✨

  

町並みがゴールデンアワーになると映画のワンシーンの様で、

どこを撮影してもサマになります。

スライドショーには JavaScript が必要です。


 

どんどん変化していく街の、エネルギッシュなパワーを感じました。

次訪れる時、きっとまた違う場所に進化するのでしょう!!

 
 
 
 
 

East End of London_Shoreditch

THE UNITED KINGDOM_No.2

 

9/17~26 THE UNITED KINGDOM

続き!

9/22(木)
ロンドン市内観光

 

【前半】

 

バッキンガム宮殿

 [MAP]  OPEN 9時15分~18時45分 ※騎兵隊は隔日

衛兵交代を見るつもりでしたが、思いの外バッキンガム宮殿の中に入れるチケットを予約して見学したら時間がかかってしまいました。宮殿の装飾もさすがに素晴らしいのですが、
今回特別展にて、とっても素敵なエリザベス女王のドレスや帽子が展示されていました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

観覧後、贅沢宮殿のGardenを眺めながら、ケーキとコーヒーを頂きました。

 この歴史ある風格。お国柄だわ。

お見事!

 

王室のイングリッシュガーデンの中でいただく昼食・お茶タイム〜♪
あぁ贅沢してるわ。。。。
バッキンガム宮殿。いつか中に入ってみたいとは思っていましたが、
期待以上の見応えがある場所でした。

 

 

ウェストミンスター寺院 

[MAP] 午前9時30分~午後3時30分

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

中で撮影は❌なので、写真は外観しかありませんが。。荘厳です。
イギリスの大事な式典はこちらで全世界に発信されます。
見学は、入る前に並ぶから注意しろといろんなガイドにあり覚悟してたのですが、あっさり入れました。ハイシーズンじゃないからかな?でも中には人がいっぱいでしたね。
歴史的にも貴重な素晴らしい建造物で、中にあるものも世界遺産級の装飾から石像や武器などが眠っています。物々しい雰囲気でしたが、何か守られている居心地の良さを感じました。天井もとっても高いのですが、見事な内装やお棺にこれは人間が作ったの???と驚くばかりです。ステンドグラスの見事さは言うまでもありません。迫力美しさ大きさ全てにおいて素晴らしいのです。

 

 

スカイガーデン

[MAP]12:15-13:15 or 15:00-16:00 (※事前予約しました)

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

予約していた、去年出来たばかりのスポットにも行ってみました。
教会から一気にビジネス街へ。。。

ロンドン中心地の高層ビルから、無料で景色を観ることができるとあって、世界中から観光客が押し寄せるスカイ・ガーデン。

「低すぎず、高すぎず」の絶妙加減で、テムズ川沿いの観光名所をベストな角度で一望できます。

東側を眺めれば、ロンドン塔やタワー・ブリッジ、西を眺めればロンドン・アイやビック・ベン、テート・モダンなどが並び、その光景は圧巻です。

一面ガラス張りの建物なので、日当たりがいいのです。スカイ”ガーデン”というだけあり
フロアには階段状のガーデンが。年中美しく見えるよう選りすぐられた植物が並び、ラベンダーやローズマリーなど香りあるハーブまで植えてある。ガーデニング好きは見とかないとね。(笑)
とにかく人数制限ちゃんとしてるので、ギュウギュウにもならず快適に見学できて、お酒も楽しめて最高です。気持ちよかった!!夜バージョンもレストランで来てみたいな〜。
でもずっとここに居られないので移動〜!
後半は行ってみたかった雑貨屋や、イーストエンドを散策します!

 

写真が沢山あるのでいったん区切ります。

 

⋆* ⁑⋆*(๑ˇ0ˇ๑)⋆* ⁑⋆*

 

THE UNITED KINGDOM_No.2

英国への旅~THE UNITED KINGDOM_No.1

 

9/17~26 THE UNITED KINGDOM

英国へ旅しました。

 

Hi~!!

 

エディンバラ~ヨーク~ロンドンで、飛行機・列車旅。行きたいところは全部行こ~う!

というわけで、備忘録です。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

9/18(日)
日本からドバイで乗換し、ヒースロー空港に向かいます。

 

羽田空港国際線ターミナル
エミレーツ航空 EK313
00:30発-06:15着
ドバイ国際空港 (DXB)
09:40-14:25着
ロンドン・ヒースロー空港 (LHR)
ヒースロー・コネクトかヒースロー・エクスプレスでパディントン
(※15:40着くらい)
で、ホテルにチェックインして荷物渡したら・・・

 

ホテル

 

img_2482
むっちゃカワッ!!

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

9/19(月)
翌日はエディンバラに飛びます!列車の旅です。 (*´∀`)fufufu~♪

 

午前中(ロンドン)

HRヒギンズ[MAP]

知人から頼まれていたアールグレイを購入。ここはコーヒーもおいしいらしい。

 8:00~18:00 (※日曜日が定休日)
イギリス、ロンドン中心部の高級住宅街メイフェアー、デュークストリート79番地に本店を構える英国王室エリザベス女王Ⅱ世御用達のH.R.ヒギンス。王室が認め愛するH.R.ヒギンスコーヒー、紅茶
独自の製法で焙煎した味わい深いコーヒー、イギリス伝統のブレンドティー、人気のフレーバーティーetc

 

※ H.R.ヒギンス青山店_日本にもあるみたいですね~
アールグレー×2と、Sumerという紅茶を買いました。香りが素敵。。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 ◆ロンドン→エジンバラ

電車
LondonKingsCross→Edinburghat 15:00at 19:20
Virgin Trains East Coast
・エディンバラ城 → ロイヤルマイル
朝6時から9時まで城の城門に歩哨が立ち、スコットランド王の宝冠の警護に当たっているらしい。。
ホテル
Motel One Edinburgh-Royal

 

9/20(火)
エジンバラ市内観光
ホテル
Motel One Edinburgh-Royal
9/21(水)
エジンバラ→ヨーク
Edinburgh at 09:00York at 11:29
Virgin Trains EastCoast

スライドショーには JavaScript が必要です。

・ヨークミンスター(York Minster)

内部の装飾等とても立派な大聖堂で、美しいステンドグラスや彫刻も有名。

・シャンブルズ(Shambles)

古い街並みの中でも一層古い建物が並んでいる小道シャンブルズ。ハリポタのモデルとなった道らしい。

・クリフォーズ タワー(Clifford’s Tower)

かつてヨーク城として築かれた建物の一部です。
ヨークの大聖堂の南、徒歩10分くらいのところにありますが、シャンブルなどを見つつ歩けば、あっという間に到着です。
ヨークの町並みはこじんまりとコンパクトで素敵でした。
観光客も多く人気がある町なのが伺えます。
ハリーポッターで有名らしいですが、教会の美しさはそれだけの価値があると実感します!!
この町に長くいるのもいいですね〜
York at 17:02 London Kings Cross at 19:06
ロンドンに戻ってモタモタしてるうちにあっという間に暗くなっていたのですが、
ホテルはちゃんととれてるので大丈夫と遊んでいたらひどい目に遭いました。。。
ホテル
The Coronation Hotel

ここを最後の4日間使うつもりだったのに、キャンセル扱いになってて泊まれなかったのです。

受付の対応が最悪で、全くやる気がなく英語が不得意なアジア人が文句言ってるくらいの対応でひどかった。こちらはちゃんと予約の確認できるものがあって証明できてるのに、対応できないの一点張り。
結局、疲れ果てて一泊だけ関係ホテルのいい部屋に泊まらせるから移動しろ(※この時点で深夜)と言われて移動。。またもやパディントンへ。。。ブッキングドットコムは注意が必要です。

 
 
 

後半ロンドン巡りへ つづく!!

 

大変だったけどなんとか乗り切った!?のか??

 
 
 
 
  

英国への旅~THE UNITED KINGDOM_No.1

The United Kingdom

 

9/17~26まで、UKに完全に遊びに行っていました。(笑)

 

以下、予習してた代物デス。

 

エディンバラ~ヨーク~ロンドンに渡って行こうと思っています。

古城めぐり、街並みや、ART、ガーデニング、雑貨、ファッション、アンティーク etc

めーいっぱい遊んでこようと思います!

そこで、深めるためにも予習をしようと思います。

全くもって知らないことだらけ。。

 

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland

ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・

その他多くの島嶼から成る主権国家。

イングランドウェールズスコットランド北アイルランド4つの国で構成されている。

 

 

今現在。。。

日本語で「イギリス」と呼ぶ国ですが、元々あそこは

イングランド王国スコットランド王国ウェールズ王国アイルランド王国(の北の部分)に分かれていました。

united_kingdom_labelled_map7_vector-svg

それぞれに王がいて統治していましたが、その中でイングランド王の勢力が強くなり、ウェールズを併合、スコットランド王を兼任、アイルランドも併合して、結局1人の王様が4つの国を治める形になりました。

その後、宗教問題からアイルランドの南側が「アイルランド共和国」として独立、現在はイングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズの4国がイングランド王エリザベス2世を国王に戴く「同君連合」となっております。

イギリスの日本語における正式名称は「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国」です。

英語ではUnited Kingdom of Great Britain. and Northern Ireland (ユナイテッドキングダム・オブ・グレ−トブリテン・アンド・ノ−ザンアイランド) となり、「ユナイテッドキングダム」という言葉はここから来ています。

イングランドは先に述べたとおり、ユナイテッドキングダムを構成する4つの国のうちの一つ。

イギリスという言葉は、日本語ではこの国のことを差しますが、元々は「イングランド」と言っていたのがなまった結果「イギリス」というようになったもので、現地で「イギリス」といっても全く通じません。

 

ほうほう。。。(゜Д ゜;)

 

 

◆エディンバラ(Edinburgh)

エディンバラは、スコットランドの首都であり、ロージアン州の州都。

スコットランド(英語: Scotland)は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの国(カントリー)のひとつである。(←まずこっから知らんかった。。)
首都のエディンバラは人口でスコットランド第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。

私がエディンバラで興味があるのは、古城と街並み!お城からつづくロイヤルマイル!

同行する友人はハリポタの舞台として絶対行きたいらしい。(笑)

edinburgh

【エディンバラ城Edinburgh Castle )】

キャッスル・ロックという岩山の上に建つ古代からの要塞で、エディンバラのシンボル。

多くの城がそうであるように、エディンバラの要塞は軍事活動の中心地だった。

朝6時から9時まで城の城門に歩哨が立ち、スコットランド王の宝冠の警護に当たっている。

 

◆ヨーク(York)

ノルマン支配の中世以降、キリスト教信仰の中心地となった。城壁や寺院などが当時を偲ばせる。

イングランド北部のノース・ヨークシャー州の都市。イギリス遺産都市に登録されている。

york

 

~気になってるところ~

【ヨークミンスター(York Minster)】

ws000001

内部の装飾等とても立派な大聖堂で、美しいステンドグラスや彫刻も有名。

【シャンブルズ(Shambles)】

スライドショーには JavaScript が必要です。

古い街並みの中でも一層古い建物が並んでいる小道シャンブルズ。ハリポタのモデルとなった道らしい。

【クリフォーズ タワー(Clifford’s Tower)】

156511

かつてヨーク城として築かれた建物の一部です。
ヨークの大聖堂の南、徒歩10分くらいのところにありますが、シャンブルなどを見つつ歩けば、あっという間に到着です。

とド定番コースが気になってます。(笑)

◆ロンドン(London)

こちとら一度行ってるのですが、不完全燃焼(年末に来たので、バッキンガム宮殿入れんかった・・・。)

でして、ブラッシュアップしていきたいと思います(>0<)!!(←無謀)

 

バッキンガム宮殿は門だけ拝んで中に入れなかったので悔しい思いをしました。
【バッキンガム宮殿】

スライドショーには JavaScript が必要です。

Buckingham Palace)は、イギリスのロンドンにある宮殿。

外周護衛を担当する近衛兵の交代儀式を見物出来る事で有名。

2016年の今年は、エリザベス女王陛下が90歳になられた特別な年でもあるようです。

約1万坪の敷地を誇り、舞踏会場、音楽堂、美術館、接見室や図書館等が設置。

部屋数は、スイート19、来客用寝室52、スタッフ用寝室188、事務室92、浴室78、部屋総数775。

宮殿に勤務する人は約450名、年間の招待客は4万人。王族たちを補助する侍従50人は同じ宮に住み込み、その他の侍従達は王室厩舎であるロイヤル・ミューズ (Royal Mews) に寄居する。

因みに、宮殿の屋上に王室旗が掲げられている時は王または女王が在宅、イギリス国旗なら不在を示している。

昔はレンガ造りの非常に粗末な邸宅だったらしいのですが、1761年にジョージ3世が、王妃シャーロットと子供達の為に譲り受けて私邸として使うようになったそうです。

 

楽しみ!+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+

 

The United Kingdom

胸騒ぎの恋人「Les Amours imaginaires」_MOVIE

 

WS000002
ポスター。。。強烈なカラー、でもどこまでもシンプル。ドランがひたすら可愛い映画である。(笑)
main-700x466
仲睦ましい画に見えますが、両サイドはドロドロ。。

 

 

U-next 更新されてて、見れました。 ありがたや~

 

内容は若人の恋愛のやきもき系です。

 

【Synopsis】

初監督作『マイ・マザー』がカンヌ映画祭で鮮烈なデビューを飾り、最注目の怪童=アンファン・テリーブルとして世界の映画界を驚かせたグザヴィエ・ドラン。
翌年20歳で監督した本作がふたたびカンヌ映画祭に選出され、同映画祭ディレクターから「エキサイティングな新世代の一人」と絶賛された。
本作では監督、脚本に留まらず、プロデューサー、主演、編集、コスチューム、アートディレクションも務めるなど、ドランワールドがさらに絢爛に花開く、恋の代表作。

親友のマリーと同じ彼、ニコラを好きになってしまったフランシスの視点で描かれる本作でドランは、恋に落ちる過程の検証を試み、片思いの苦悩に肉薄する。

2人は内心ニコラにぞっこんなのに悪口を言って相手の腹を探ってみたり、ニコラの思わせぶりな仕草に期待を持ったり…。押し寄せるのは、もどかしさ、ほろ苦さ、ジェラシー、探り合い、駆け引き——。出会いに始まり、涙で終わる、切ない恋心。ティーンなら誰もが味わうポエティックなカオスを、ポップなカラーアート、ヴィンテージの服、クラシックな音楽で再現。

ドランならではの異形な恋のスタイルがスクリーンに溢れ出す傑作ラブストーリー。

 

世界共通。

 

若者だったらどちらかの気持ちがわかってしまうヤツです。

好きな人が自分の中で神々しければ神々しい程、自分の考えが悶々するヤツです。

好かれてる自覚があって、振り回してる罪悪感はあんまり無い、残酷な天然モテキャラの二コラ。

こいつホントにダビデ像みたいに美しく・愛らしい笑顔に・時折艶やかです。(※男版ファムファタル)

一番惚れたらいけない奴です。(笑)

 

モテる人は、愛されてる事日常茶飯事でしょうし、

好かれるためにアタフタすることなんて無いでしょうから常に余裕な状態です。

【余裕】という精神状態は、セクシー【魅惑】にも繋がります。何しろ自信がある状態ですから。

無敵です。

 

本人が無自覚って言うのがまた最強です。

これほど怖いものがない状態はありません。(若者の特権)

ニコラ君の容姿端麗、性格の良さ、(人当たりの柔らかい文学少年)

地頭の良さは、その感情を持って当たり前のスペックです。

まぁ、全てが恵まれた奇跡的なタイプでしょうな。(笑) ←若干言いスギ?

だから、この子好きになっちゃった人は大変です。

 

ニコラくんの思わせぶりな態度に、親友だったマリーとフランシスは翻弄されます。

彼自体は、愛嬌もあるので愛されキャラだし思うに、人から特別扱いされるのが日常のタイプです。

八方美人と言うより、明るく社交的で、仲良く出来るならその方が楽しい的な印象。

全くシリアスじゃないです。至って普通な、多少甘えん坊な青年。

 

でも、好意を持ってしまった二人にとっては深刻。

その人と会うだけで幸せになったり、悲しくなったり、ジリジリ・ドキドキ・そんな人と出会えるだけで、

大変だろうけど幸せ者だなとも思っちゃいました。

それが叶わぬ片思いの恋愛であろうとも、夢中になる対象が在ると無いでは雲泥の差。

 

マリーは、ニコラ好みに染まります。

(一緒に本屋に行って詩を読んでみたり、オードリー・ヘプバーンファッションにしてみたり・・・)

健気だけど、報われないとわかるから他の物で埋めようとします。シンドイね・・・・。

 

フランシスもまた、ノンケを好きになったら次点で、結果は見えてただろうに、

溢れる感情を抑えきれず、少しでも可能性にかけるあたり本気さが伝わります。

 

両者は一人の男に骨抜きにされ、本能むき出しドロドロです。滑稽でしょうか?

私は相当しんどいとは思うけど、二人とも人生謳歌してるなと思いました。

自分以外の人間を好きになったり愛したりすることでしか得られない

葛藤と苦悩、成長と経験はよりその人の器に魅力をもたらすと思っています。

デリケートな部分だからこそ、本当の意味で人に優しくなれる。感謝できる。

それが出来る人間が幸せになれるんだと思う。

 

クラシックな音楽【Bang Bang】(※これイタリア語だったので頭に残る。)や、

カット割りがPOPにセンス良くまとめられていて軽快だったけど、

内容的にはファムファタルって破滅的だわ~って感じました。存在自体は面白いけどね。

 

最後も最後で、懲りてない感じの締め方がまたオッされぇ~でした。(゚ε゚)Pyu~☆

違うハンサム青年にウインクされて、磁石みたいに引き寄せられちゃうマリーとフランシス。

 

好みのタイプってやっぱ本能的なの??


吸引力?魅惑?には否める術はないの??(笑)

 

 
 
 
 
◆関連レビュー(監督繋がり)_【わたしはロランス】【マイ・マザー】_MOVIE

 
  
 

胸騒ぎの恋人「Les Amours imaginaires」_MOVIE